素敵なツアーが私を呼んでいる

大阪からは数多くの高速バスが出ています

関西圏から遠方に移動する方法は、新幹線や電車、飛行機などもあるので非常に便利です。しかし、大阪からは高速バスが各地に走っており、安い料金で遠くまでの移動が可能です。また、バスターミナルは大阪駅のすぐそばにあるので、ターミナルまでたどり着くことも容易にできます。新幹線では、関西圏から東京まで移動すると、2時間半程度で行けますが、往復で25000円以上かかるので、大きな金銭的負担となります。 それと比較して、大阪からの高速バスの料金は非常に安く、10000以下で行けるプランもあります。もちろん時間は余分にかかりますが、金銭的負担は大きく抑えることができます。また、夜に出発して、次の日の朝に東京に到着するバスが多いので、体力がある人なら早朝から東京での観光や仕事が可能です。また、高速バスで移動するのなら、電車が通っていない場所でも、降りることができるという利点があります。駅がない場所であったり、非常に小さなバス停であっても、停車して乗客の乗り降りができるところは数多くあります。 特に、地方では電車で移動できる場所は限られていることが多いので、高速バスは非常に便利です。さらに、マイカーを保有していない人や、車の運転ができなくなった高齢者でも、長距離の移動が可能になります。高速バスは非常に便利であり、新幹線や電車で行けないところでも、安価でたどり着くことができます。大阪からは数多くのバスが出ており、様々な地方に行くので、移動には困りません。

Read More

高速バスを利用して大阪へ行こう

大阪は名所やレジャー施設、ショッピングなど観光や買い物など様々な事が楽しめます。遠方から訪れようとする時に主に用いられるのは電車ですが、電車で大阪へ向かう場合、出発地の距離によっては結構な費用が掛かりますし、通勤・通学ラッシュなどに巻き込まれた場合はゆっくり座って移動といった事は出来なくなり、ストレスや疲れが溜まります。また電車の場合は乗り換えなどがある場合も多く、乗換えで慌しく移動しなければならない事もあります。 そういったストレスなくゆっくりと大阪まで移動したい場合は、高速バスを利用するのが便利です。高速バスは自宅から最寄の駅などにあるバスに乗ってそのまま目的地まで移動出来るというものです。多いのが夜間に出発して翌朝に目的地に到着するというもので、帰省や旅行、出張など、様々な目的で利用されます。高速バスの利点は面倒な乗換えなどがなくそのまま目的地まで行けるという事、料金が安く済むといった点が挙げられます。 特に費用は往復する事を考えるとかなり安くなるので、交通費をおさえたいという人にとってはお得な移動手段と言えます。通常のバスと比べてスペースがゆったりとしているバスもあり、そういったバスを選ぶと快適に移動が出来ます。移動する時は他の乗客と一緒に目的地に向かうので、いびきをする人やおしゃべりをする人などが近くに居た場合に困らない様に耳栓を用意しておりたり、トイレもバスに備え付けられている事がほとんどですが、乗る前にあらかじめ済ませておくのが良いでしょう。

Read More

東京大阪間の夜行バス

東京大阪間は夜行バスの最大の激戦区とも言えるルートであり、連日相当の本数のバスが運行されています。かつてはあまり選択肢も多くはなく、料金もだいたい8000円前後でした。この値段でも新幹線に比べると5000円程度は安く、ちょうどJRの普通運賃程度の金額ですから、乗り換えもなくまた寝て行けるというメリットは十分にありました。 しかし最近では、値段的にさらに安い夜行バスが多くなっており、むしろそれが主流と言えるかもしれません。東京大阪間3000円から高くても5000円程度といったものです。8000円程度の夜行バスは3列シートが主体ですが、東京大阪間が5000円以下というようなバスはさすがに3列シートはまずなく、4列シートとなっています。ただ4列シートとは言っても若干前後間隔に余裕を持たせるとか、スマホを心おきなく使えるように各座席にコンセントを装備しているバス、あるいは予約時に性別を確認し、女性一名で乗車する際には隣も必ず女性になるように配慮するなど、少なくとも通常の観光バスタイプのものとは異なって少しでも快適に過ごせるようにされたものもあります。 東京大阪間は7時間から8時間程度かかりますが、やはり通常であれば寝ている夜の時間帯に移動できるというメリットはいろいろな意味で大きいです。JRの夜行列車がほぼ全廃された現在、夜の時間帯に移動するほぼ唯一の手段がこの夜行バスとなっているというわけです。

Read More

東京大阪間の夜行バスを有効活用する方法

東京と大阪・京都を結ぶ夜行バスを活用すれば、時間と宿泊費用の両方を節約する方法があります。夜行バスは深夜の時間帯を利用して移動することができるので、目的地へは早朝に到着します。バスを下車してすぐに活動を開始することができるため、宿泊と同じように時間を有効に利用することができます。近年は外国人観光客の急増で、東京・京都・大阪で宿泊場所を確保することが難しくなっています。 ホテルの宿泊料金も高騰しているため、観光やビジネスで首都圏または関西圏の旅行をすると多額の旅行費用がかかってしまいます。東京や京都・大阪方面を旅行する場合には、夜行バスを上手に活用して1泊分の宿泊費を節約することができます。東京と大阪を結ぶ夜行バスは利用者が多いので便数が多く、座席のグレードや料金も自由に選べます。最も安い4列シートでトイレが付いていないバスを利用すれば3千円前後の運賃で移動ができますし、3列または2列シートでゆったりしたバスであれば新幹線と同じか、それ以上の料金となります。 バスの運賃が新幹線と同額でも、2列または3列独立シートの広いスペースで過ごすことができます。新幹線や飛行機は深夜の時間を有効に利用できないので、移動のためだけに半日程度の時間を消費してしまいます。新幹線と同じくらいの料金を支払ってグレードの高い夜行バスを利用することで、半日分の時間と1泊分の宿泊費の両方を節約することができてお得です。

Read More