バスの営業所にエステを開設する

大都市においてはバスの本数は相当確保されている状況下であり、利便性が保たれていると言及することが可能です。他方で地方などにおいては、バスの本数が決まっている状態にあると指摘することができます。そのような状況下において、利用客が待ち時間を過ごすことができるようにバスの営業所に工夫をしていきます。それは、バスの営業所内にエステを作って待ち時間に利用してもらうというビジネスです。

このようにすることで、バスを待っている時間を有効に使用することが可能となります。その他にも、バス会社にもエステの経営は利点を生み出すビジネスと指摘可能です。というのも、バスの待ち時間あるいは到着時において利用客に使ってもらうことで新たな収益を確保できるからです。さらに、エステを経営することによってバス利用者の増加を見込むことができるからです。

このとき、バスの定期利用者に対しては格安で利用できるクーポン券を渡すなどします。それによって、利用を促進して新しいビジネスにおける売上を稼いでいく戦術を打ち立てていくのです。なお、エステに関してはチェーン店などを展開している企業に委託をするという考えが存在しています。その企業に委託すれば、テナント収入を得る上に費用の発生を気にする必要がないからです。

一方で企業は、店を出す場所を確保することができる他に需要を見込むことが可能となります。そのため、バス事業とエステというカップリングを考え出すことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です