エステの資格を取得するには

エステには、その種類として様々な内容がありますが、大きくは生活におけるケアが目的となっており、職業として行う場合には、定められた知識や技術に関しての習得を行うことが求められます。現在、日本においては職能団体として一般社団法人日本エステティック協会があり、その歴史も1972年と古く、多くの人材が活躍しています。資格に関しては公的資格制度が確率していないために、それぞれの団体や企業等が同様に認定制度を設けていますが、協会でも資格に関しての認定を行っており、それは、指導的な立場の人材となるトータルアドバイザー資格、理論や技術に関しての全てを理解し、実践を行う認定上級資格、中核を担う人のための認定資格、業務を行うにあたっての衛生基準と修得する認定衛生管理者資格、フェイシャルケアに関する認定フェイシャルケア資格などがあり、他にも認定ボディケア資格や医療や福祉施設で働く場合に使用する資格があります。エステの資格を取得するには、設けている団体や企業によっても内容が異なりますが、まず、専門学校で学ぶことをあげることができます。

協会では認定校制度を採用しており、現在全国には139校が開校され、ここでは自分の都合で学校を選ぶことができることや、300時間に及ぶコース、1,000時間に及ぶコースと、2つのコースが設けられれいます。資格の取得には、通信教育を活用する方法もあります。この場合においても団体等によっては違いがありますが、協会では認定校の通信教育を受けることによって資格を取得することが可能となっており、実技講習の場合のみ通学が求められる内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です