フェイシャルエステのトラブルと対処法

フェイシャルエステでは、サロンが意図しなくてもトラブルが発生します。施術後に顔のひきつりや火照り、ニキビの悪化など肌に炎症が起こります。フェイシャルエステのトラブルの原因は2つあります。一つ目はマッサージの力加減が適切でない場合です。

力が強すぎると肌に大きな負担がかかります。マッサージによる摩擦で、皮膚の薄い人はひきつりや火照りが生じます。またニキビができやすい人は、かえって炎症がひどくなります。ニキビの悪化は施術直後に起こることもあります。

そしてもう一つは、化粧品です。エステティシャンは一人ひとりの肌に合わせて化粧品を選びます。しかしその化粧品が肌に合わないこともあります。見た目では分からない肌質の人に多く、肌の状態は体調や季節によって異なります。

花粉症の人は、春になるといつもの化粧品で炎症を起こす可能性があります。普段の施術では問題なかった化粧品に突然反応する場合が考えられます。これらのトラブルを予防するためには、肌の状態をできるだけ詳しく説明します。元々肌が弱い人は、サロンの化粧品が合わないこともありますが、プロに判断してもらえば安心です。

何回もエステを行うと肌の調子が良くなるまで、敏感肌用の化粧品を使うなど対処してもらえます。多くの化粧品を揃えているので、自分の肌に合ったものが必ずあります。季節の変わり目など自覚症状がある人は、事前にエステティシャンに伝えるとその時専用の化粧品を用意してくれます。大阪のメイク学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です