素敵なツアーが私を呼んでいる

気軽な尾瀬鳩待峠日帰りハイク

1日で行ける尾瀬は「日帰りハイクのロングセラー」と言っても過言ではないでしょう。

シーズン中には沢山のハイキング客で賑わいますが6月に見頃を迎える水芭蕉の開花時期に賑わいはピークを迎えます。

その時期の尾瀬は通勤ラッシュ並みに木道が混み合います。尾瀬と一口に言っても実はハイキングコースはいくつかありますが一般的には鳩待峠コースが最もポピュラーなコースです。

入口に続く道路は最も整備され、誘導員が何人も配置されスムーズに入口へと向かうことが出来ます。また出発点には売店があり、水や食料の調達や腹ごしらえも出来ます。

それとお手洗いが気になるところですが、定期的に清掃が入るチップ式のお手洗いが出発点だけではなく、日帰りコースの目標地点の拠点となる山の鼻にもありますので心配ありません。鳩待峠コースは往路が下り、復路が登りです。

当然、行きよりは帰りのほうが登る負担があって時間が余計に掛かりますがそれ以上に注意しなければならないのが、帰りは同じ時間帯に人が集中し木道が大変混むことです。

滞在時間は必ずしも早く着いた人も遅く着いた人も一緒とは限らず、早く着いた人はむしろギリギリまで尾瀬の絶景を見たいと長居するものです。ですから、帰りの時間はかなり余裕を持って戻らなければ日帰りが出来ません。

鳩待峠コースが初心者に最適なのはその日の体調などでコースの調整が可能なところです。まずは山の鼻を目指して、到着時の体調でそこで引き返すかそこから更に先へ行けるかの判断がつきやすいのです。尾瀬の絶景を体感できるのは山の鼻から先なのですが最悪、山の鼻でも絶景を眺めることが出来ます。交通手段ですが、自家用車や公共の交通機関の使用よりも旅行会社のパックツアーを強くお勧めします。

往復のバス、昼食の手配は勿論、ハイキング中の安全にも気を配ってくるます。最後に皆様、くれぐれも安全には気をつけて楽しくハイキングして下さい。尾瀬の日帰りの鳩待峠
はおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です