素敵なツアーが私を呼んでいる

東京大阪間の夜行バスを有効活用する方法

東京と大阪・京都を結ぶ夜行バスを活用すれば、時間と宿泊費用の両方を節約する方法があります。夜行バスは深夜の時間帯を利用して移動することができるので、目的地へは早朝に到着します。バスを下車してすぐに活動を開始することができるため、宿泊と同じように時間を有効に利用することができます。近年は外国人観光客の急増で、東京・京都・大阪で宿泊場所を確保することが難しくなっています。

ホテルの宿泊料金も高騰しているため、観光やビジネスで首都圏または関西圏の旅行をすると多額の旅行費用がかかってしまいます。東京や京都・大阪方面を旅行する場合には、夜行バスを上手に活用して1泊分の宿泊費を節約することができます。東京と大阪を結ぶ夜行バスは利用者が多いので便数が多く、座席のグレードや料金も自由に選べます。最も安い4列シートでトイレが付いていないバスを利用すれば3千円前後の運賃で移動ができますし、3列または2列シートでゆったりしたバスであれば新幹線と同じか、それ以上の料金となります。

バスの運賃が新幹線と同額でも、2列または3列独立シートの広いスペースで過ごすことができます。新幹線や飛行機は深夜の時間を有効に利用できないので、移動のためだけに半日程度の時間を消費してしまいます。新幹線と同じくらいの料金を支払ってグレードの高い夜行バスを利用することで、半日分の時間と1泊分の宿泊費の両方を節約することができてお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です